• 百束 比古(HYAKUSOKU HIKO)

その12 美容外科手術の実際―乳管を切らない陥没乳頭の形成術(百束特許:インバーピアスの使用)

若い女性の陥没乳頭の成因はよくわかっていない。私の経験ではどうも乳房の発育が良い女性に多い印象がある。とすれば、乳房の発育に乳管の伸展が遅れるのであろうか。

また、経産婦や熟年の女性で乳頭が陥没しだしたら、乳癌の疑いもあるので、乳房専門医にかかった方が良い。

ここでは若い女性の美容的目的の陥没乳頭形成術について述べる。


参考文献

Hyakusoku,H.,Okubo,M. and Fumiiri,M.:Combination of the square flap method and dermal sling to correct flat or inverted nipples.Aesth.Plast.Surg.,12:107-109,1988.

Hyakusoku H,Chin T:Usefulness of the Nipple-Suspension Piercing Device After Correction of Inverted Nipples.Aesthetic Plast Surg 2006;30(4):396-398.

私の術式はElsa hy 法を更に正方弁法で補強した方法である。要するに、乳腺を全く切らずに乳頭部分を持ち上げ真皮弁で支えて、後療法としてピアス式固定具を刺入する。

実際のインバーピアスTMを用いた陥没乳房形成術。(上左:手術前の陥没乳頭。上右:手術直後の乳頭牽引(局所麻酔下)。下左:インバーピアス。下右:手術後のピアス装着。



次回は、顔面ミニリフトについて述べる。

0回の閲覧

© 2020 Hiko Hyakusoku

Operation outline
ポエム
北岡冬木全詩集

診療対応施設

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean