略歴

昭和43年 東京学芸大学附属高等学校卒業

昭和50年 日本医科大学卒業

昭和51年 同皮膚科学教室入局

昭和53年 同第2病院外科にて一般外科学研修

昭和54年 同付属病院形成外科助手

昭和57年 日本形成外科学会認定専門医

昭和59年 医学博士号取得

昭和61年 同皮膚科学講座講師

平成   2年 同形成外科学講座新設と共に助教授

平成   4年 シドニー大学ローヤルプリンスアルフレッド病院客員教授‘(1年間留学)

平成   7年 日本医科大学形成外科学講座主任教授・大学院教授 

                  日本医科大学附属病院形成外科部長

平成11年 第23回日本美容外科学会会長

平成12年 学校法人日本医科大学国際交流センター長(1期3年)

平成13年 第12回日中形成外科学会会長

平成14年 日本医科大学付属病院副院長(2期4年)

平成16年 日本美容医療協会理事長(2期4年) 

平成18年 第1回瘢痕・ケロイド治療研究会発起人

平成20年 第17回日本形成外科学会基礎学術集会会長

平成21年 第1回Tokyo Meeting on Perforator and Propeller Flap(TMPPF)主宰(東大形成外科光島教授と共宰)

平成22年 International Scar Meeting in Tokyo主宰、日本創傷治癒学会会長、国際美容外科学会(ISAPS)日本支部長

平成23年 第43回日本熱傷学会会長

平成25年 日本医科大学図書館長

平成26年 日本美容外科学会理事長

平成27年 日本医科大学定年退職

 

 

 

シドニー大学RPAH病院 中国南方医大 協和医大 東莞康華病院 広州美茉美容外科医院

学会理事(経験):日本形成外科学会、熱傷学会、美容外科学会、創傷外科学会、創傷治癒学会、頭蓋顎顔面外科学会、マイクロサージャリー学会 など

 

 

皮弁外科、熱傷再建外科、皮膚癌・乳房再建、ケロイド、美容外科後遺症、など

客員教授

専門分野

© 2020 Hiko Hyakusoku

Operation outline
ポエム
北岡冬木全詩集

診療対応施設

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean