(欧文総説)

1. Ogawa R, Watanabe A, Than Naing B, Sasaki M, Fujita A, Akaishi S, Hyakusoku H, Shimada T. Associations between keloid severity and single-nucleotide polymorphisms: importance of rs8032158 as a biomarker of keloid severity. J Invest Dermatol. 134(7) 2041-2043 2014

2. Ogawa R, Hyakusoku H. Useful Tips for Skin Grafts. "Skin Grafts" - edited by Gore M. InTech - Open Access Publisher, Croatia. Chapter 6 77-82 2013

3. Mizuno H, Hyakusoku H. Fat grafting to the breast and adipose-derived stem cells: recent scientific consensus and controversy. Aesthet Surg J. 30(3) 381-387 2010

4. Mizuno H, Hyakusoku H. Mesengenic potential and future clinical perspective of human processed lipoaspirate cells. J Nippon Med Sch. 70(4) 300-306 2003

 

(和文総説)

1. 小川令、魯峰、江浦重義、百束比古:頸部・胸腹部、特集:再建部位別にみたティッシュ・エキスパンション法のコツ、形成外科、57(6) 633-639 2014

2. 百束比古:メソセラピーに対する意見、医療判例解説、52 144-145 2014

3. 百束比古:随想「形成外科と美容外科」、形成外科、57(6) 591 2014

4. 小川令、百束比古:豊胸を目的とした脂肪注入の問題点、脂肪注入術と合併症、PEPARS、77 79-83 2013

5. 百束比古:乳房インプラントの合併症と対策(2)─乳房増大術(豊胸術)について─、特集:乳房インプラントの合併症と対策、形成外科、56(2) 151-159 2013

6. 佐藤和夫、百束比古:A型ボツリヌス菌毒素製剤を使用した臨床検証―使用部位,適応,副作用と中和抗体の産生対策―、PEPARS、81 50-65 2013

7. 小野真平、林宏光、百束比古:特集:マイクロサージャリー技術の進歩とその応用 超薄皮弁・プロペラ皮弁による躯幹・四肢再建、整形・災害外科、55(4) 365-374 2012

8. 百束比古、村上正洋:治療後の諸問題、4. 小児のやけど(熱傷)、小児科 53(2) 161-166 2012

9. 小川令、百束比古:形成外科領域に必要な免疫抑制剤の知識、PEPARS、70 22-26 2011

10. 村上正洋、小川令、岩切致、百束比古:下肢の瘢痕・瘢痕拘縮に対する修復、PEPARS、57 53-60 2011

11. 小野真平、小川令、百束比古:三次元ワイヤーフレーム外固定法による手指植皮術の経験、創傷、2 43-47 2011

12. 小野真平、小川令、百束比古:シリコンバッグプロステーシスと未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)の関連性における文献的考察-第1報-、日美外報、33(1) 36-41 2011

13. 小川令、百束比古:頚部瘢痕拘縮再建の課題と治療指針、創傷、1(2) 51-58 2010

14. 水野博司、林礼人、宮本英子、古元将和、宮本正章、百束比古:難治性潰瘍治療に対する形成外科の果たす役割:細胞、増殖因子による非手術的治療の現状と展開、創傷、1(3) 107-111 2010

15. 赤石諭史、小川令、百束比古:瘢痕治療におけるシリコーンジェルシートの適応と作用機序、創傷、1(3) 112-118 2010

16. 小川令、百束比古:顔面同種移植の現状と可能性、日形会誌、30(10) 521-524 2010

17. 百束比古:指標事例5「腓骨切除と歩行困難は無関係と思われるが、障害が生じる可能性は説明しておいた方が良いと思われる」、医療判例解説、28 100-102 2010

18. 村上正洋、岩切致、百束比古:頭部の体表悪性腫瘍における治療戦略、PEPARS、46 1-12 2010

19. 小川令、百束比古:下肢の体表悪性腫瘍における治療戦略、PEPARS、46 81-86 2010

20. 小野真平、林宏光、小川令、百束比古:“プロペラ皮弁法”の術前穿通枝評価におけるMultidetector-row CT(MDCT)の有用性、創傷、1(3) 125-132 2010

21. 百束比古、小野真平、小川令、村上正洋:顔面頸部の穿通枝皮弁、PEPARS、穿通枝皮弁マニュアル、37 20-30 2010

22. 小野真平、百束比古:プロペラ皮弁法、PEPARS、穿通枝皮弁マニュアル、37 80-92 2010

23. 百束比古、青木律、村上正洋:皮下茎弁/island flap(いわゆるpropeller flapを含む)、PEPARS、58 18-24 2010

23. 小川令、百束比古:頸部瘢痕拘縮再建の課題と治療指針、創傷、1 51-58 2010

24. 百束比古:熱傷後瘢痕拘縮の予防と治療、救急医学、34(4) 472-474 2010

25. 百束比古:フィラー、金、ヒアルロン酸によるトラブル、臨床皮膚科増刊号、64(5) 165-167 2010

26. 百束比古、水野博司、汲田伸一郎:乳房増大術後後遺症 シリコンと炭化水素系物質の重複注入例の画像診断、日医大医会誌、6(2) 56-57 2010

27. 百束比古、小川令、梅澤裕己、大木更一郎:瘢痕・瘢痕拘縮と皮膚潰瘍(金属プレートの露出など)、オルソタイムズ、4(2) 5 2010

28. 佐藤和夫、百束比古:注入治療における合併症とその対策、Monthly Book Derma、168 60-67 2010

29. 百束比古、村上正洋:熱傷眼瞼の再建、PEPARS、43 24-29 2010

30. 小川令、赤石諭史、百束比古:エビデンスに基づいたケロイド・肥厚性瘢痕における治療指針、創傷、1(1) 20-27 2010

31. 小野真平、百束比古:プロペラ皮弁法、PEPARS、37 86-92 2010

32. 百束比古、小川令:ケロイドと肥厚性瘢痕―鑑別・除外診断とその治療、日本医事新報、4477 65-68 2010

33. 小川令、百束比古、宮下次廣:ケロイドに対する術後電子線照射療法、PEPARS、33 49-52 2009

34. 赤石諭史、小川令、小池幸子、百束比古:ケロイドに対するロングパルスNd:YAGレーザー照射療法、PEPARS、33 61-67 2009

35. 土佐真美子、村上正洋、百束比古:ケロイドに対するALA-PDT、PEPARS、33 68-73 2009

36. 村上正洋、百束比古、岩切致、梅沢裕己:下腿・足の再建術における皮弁手術、PEPARS、26 41-54 2009

37. 村上正洋、百束比古、王春梅:小児の顔面・頸部熱傷の治療、PEPARS、25 37-47 2009

38. 百束比古:瘢痕〔キズあと〕と瘢痕拘縮、治療、91(2) 247-254 2009

39. 百束比古:乳房増大術後のトラブルー最近何が問題となっているのか、PEPARS、31 51-61 2009

40. 百束比古、秋元正宇、大木更一郎:顔面熱傷後変形の治療、形成外科(増刊)、52 151-160 2009

41. 百束比古:いわゆる真性ケロイドに対する集学的治療、医学のあゆみ、224(7) 565-566 2008

42. 百束比古:眼瞼の異物、PEPARS(眼の整容外科)、20 85-90 2008

43. 百束比古:脂肪注入による豊胸術の合併症・後遺症、日美外報、30(3) 23-30 2008

44. 百束比古:シミに対するレーザー治療で患者に熱傷による瘢痕が生じた症例、医療判例解説、13(4) 86-107 2008

45. 百束比古、水野博司:骨髄単核球移植による創傷治療、形成外科(増刊)、51 279-284 2008

46. 百束比古、小野真平:切開とアプローチの基本戦略 3. ケロイド・肥厚性瘢痕の好発部位での切開とアプローチ、PEPARS、23 109-115 2008

47. 百束比古:肥厚性瘢痕・ケロイド(特集:処置と小手術のコツと合併症)、外科、70(12) 1424-1428 2008

48. 百束比古:漏斗胸術(Nuss法)の施行での季肋部突出改善見込みの説明について、医療判例解説、9 73-80 2007

49. 百束比古、佐野和史、青木律、有吉雅徳:皮弁の選択—遊離皮弁か有茎皮弁かー、特集、遊離皮弁による四肢再建のコツ、PEPARS、17 48-58 2007

50. 百束比古:組織工学と遊離血管束移植、日医大誌、73(3) 124 2006

51. 百束比古、小川令:凍傷(しもやけ)、形成外科(増刊号)、49 25-29 2006

52. 小川令、百束比古:ケロイドおよび肥厚性瘢痕の予防と治療法、日医大誌、1(3) 121-128 2005

53. 村上正洋、百束比古:顔面頚部における遊離植皮術の考え方とその実際、PEPARS、2 44-52 2005

54. 百束比古、村上正洋、石丸さやか:褥瘡の治療に関するupdate II 仙骨部・坐骨部・大転子部以外の褥瘡と外科的治療、形成外科、46(6) 587 2003

55. 百束比古:一般・消化器外科医のための形成外科手術手技のコツ 乳輪・乳頭再建、手術、57 (10) 1145-1148 2003

56. 小川令、百束比古:SVN(Super-thin)flapの実際と今後の展望 穿通枝皮弁との関係を含めて、日形会誌、23(5) 300-305 2003

57. 河原理子、百束比古:乳房内異物、形成外科増刊号、形成外科の治療指針166 2003

58. 秋元正宇、百束比古:手の熱傷形成外科増刊号、形成外科の治療指針209 2003

59. 村上正洋、百束比古:瘢痕拘縮の治療 形成外科増刊号、形成外科の治療指針2003

60. 村上正洋、百束比古:顔面熱傷、形成外科増刊号、形成外科の治療指針、142-143 2003

61. 百束比古:形成外科、第2集 私はなぜ現在の科目を選んだか、医学生のための進路ナビ、156-161 2003

62. Vinh Vu Quang、小川令、百束比古、青木律、水野博司、村上正洋、河原理子、片岡幸子、平本剛士、川井真、山本保博、Trung Le The:ベトナムにおける真皮下血管網皮弁を用いた熱傷治療の経験-日本医科大学との交流を含めて-、熱傷、29(5) 288 2003

63. 百束比古:下肢熱傷の初期治療、形成外科、45 173-178 2002

64. 村上正洋、百束比古:微小血管付加による新しい皮弁の開発、医学の歩み、195 214-215 2001

65. 大木更一郎、百束比古:フリーフラップによる開放性骨折の治療、特集、四肢新鮮開放性骨折治療実践マニュアル、Orthopedics、14 105-115 2001

66. 百束比古:スポーツによる顔面外傷とその治療、臨床スポーツ医学、18 641-646 2001

67. 百束比古、秋元正宇、村上正洋、青木見佳子:2)手足、1.母斑細胞母斑、 II.治療の実際形成外科、44 153-159 2001

68. 百束比古:生体部品とman eater、形成外科、44 1163 2001

69. 百束比古、秋元正宇:顔面瘢痕拘縮における遊離皮弁移植とその応用、形成外科特別号、43 775-783 2000

70. 王春梅、百束比古、岩切致、他5名:IH-NMR法を用いた瘢痕組織の代謝学的分析、Progress in Medicine、20(11) 198-200 2000

71. 宮下次廣、百束比古:ケロイドの放射線治療:術後照射を中心に 臨床放射線のコツと落し穴、治療、210 -214 1999

72. 百束比古、嘉陽宗隆、村上正洋:皮膚難治性潰瘍(褥瘡を除く)の治療、形成外科、42 45-49 1999

73. 百束比古:ピアス孔の作成とその合併症の治療、治療、80 86-89 1998

74. 百束比古:乳房異物の診断と治療、形成外科(特集:頸部と躯の形成外科)、133-139 1998

75. 青木律、百束比古、秋元正宇:頤頚部瘢痕拘縮の形成術,皮弁による再建、形成外科(特集:頸部と躯の形成外科)、29-37 1998

76. 百束比古:ロボットからレプリカントへ、形成外科、40 8 1997

77. 百束比古、村上正洋:四肢新鮮損傷の処置、形成外科、39 209-216 1996

78. 秋元正宇、百束比古:顎骨骨折の治療指針、整形外科、47 1113-1119 1996

79. 百束比古:形成外科医の立場から:顔面口腔外傷、emergency nursing、8 675-691 1995

80. 百束比古:腹直筋あるいは深下腹壁動脈を茎とする各種のflapによる形成再建手術の現況、日医大誌、62 567-573 1995

81. 百束比古:広範囲熱傷患者の社会復帰とQOL―形成手術による対応を含めて、形成外科、162 244-246 1992

82. 百束比古:筋弁・筋皮弁の実際(腹直筋筋皮弁)、Orthopaedics、41 55-63 1991

83. 百束比古:瘢痕皮弁;とくに健常皮膚の不足する広範囲熱傷患者に対する適用、医学のあゆみ、160 232 1991

84. 百束比古:Secondary vascularized flapの基礎と臨床;特にFree vascularbundle transferを用いた方法について、日形会誌、10 36-37 1990

85. 百束比古、文入正敏、秋元正宇:顎口腔損傷、救急医、14 1558-1560 1990

86. 百束比古、大久保正智:顔面頚部外傷の診断・治療アルゴリズム、救急医、14 1549 1990

87. 百束比古、文入正敏:顔面軟部組織損傷、救急医 14 1550-1552 1990

88. 百束比古、文入正敏:顔面骨骨折、救急医、14 1553-1557 1990

89. 玉井仁、本多一義、隈崎達夫、恵畑欣一、百束比古、他1名:パーソナルコンピュウタによるx線CT-MRIの3次元表示、Medical.Imag.Tech、7 195-196 1989

90. 百束比古、文入正敏:広範囲熱傷後の瘢痕・瘢痕拘縮の治療について、熱傷、10 26 1984

91. 末延自顕、百束比古、加藤一良、渡辺千冬、黒川顕、他4名:広範囲熱傷の植皮、日医新報、3048 37-40 1982

 

(欧文分担編集)

1. Hyakusoku H, Orgill DP, Teot L, Pribaz JJ, Ogawa R:Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

 

(欧文著書分担)

1. Ogawa R, Hyakusoku H. The Burn Reconstructive Units on the Face and Neck. "Burns: Prevention, Causes and Treatment" edited by McLaughlin ES, Paterson AO: Nova Science Publishers, New York, pp143-154, 2012

2. Ogawa R, Hyakusoku H. Definition and Nomenclature of Propeller Flaps, Perforator Flaps: Anatomy, Technique, & Clinical Applications, 2nd Edition Volume II Chapter 76 1305-1316. 2012

3. Hyakusoku H, Ogawa R. The Superthin Flap - The concept of the Subdermal Vascular Network Flap, Perforator Flaps: Anatomy, Technique, & Clinical Applications, 2nd Edition

Chapter 78 1329-1360. 2012

4. Ogawa R, Hyakusoku H. External Wire Frame Fixation for Skin Grafts. "Skin Grafts - Indications, Applications and Current Research" edited by Spear M. InTech - Open Access Publisher, Croatia, pp299-306, 2011

5. Murakami M, Ogawa R, Hyakusoku H. Tip for Skin Grafting. Chapter19, pp146-158, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

6. Hyakusoku H, Akimoto M. The Square Flap Method. Chapter23, pp186-197, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

7. Hyakusoku H, Murakami M. Propeller Flap and Central Axis Flap Methods. Chapter24, pp198-207, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

8. Hyakusoku H, Mizuno H. Secondary Vascularized Flap. Chapter 33, pp288-299, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

9. Hyakusoku H. Scarred Flap. Chapter36, pp320-329, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

10. Ogawa R, Ono S, Hyakusoku H. Superficial Cervical Artery Perforator (SCAP) Flap. Chapter39, pp344-355, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

11. Hyakusoku H, Ogawa R, Mizuno H. Super-Thin Flap. Chapter40, pp356-367, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

12. Hyakusoku H, MA Mateev, TC Teo. Perforator Pedicled Propeller Flaps. Chapter49, pp442-451, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

13. Hyakusoku H, Ogawa R. Perforator Superchaged Super-Thin Flap. Chapter50, pp452-461, Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery, Springer, 2010.7

14. Ogawa R, Fujimura J, Mizuno H, Hyakusoku H, Shimada T. Tissue Engineering Using  Adipose-Derived Stem Cells Harvested From GFP Transgenic Animals, New Developments in Stem Cell Research (Grier EV), 2007; pp149-172, Grier EV: Nova Science Publishers, New York

15. Hyakusoku H, Ogawa R. Subdermal vascular network flaps. The concept of the superthin flap, Perforator flaps, Anatomy, Technique & Clinical Applications. Quality Medical Publishing, Inc. St Louis, Missouri pp1002-1027, 2005

16. Hyakusoku H, Pemimgton DG, Gao JH. Microvascular augmentation of the super-thin flap. Plast. Reconstr. Aesth. Surg. Kugler Pubrications Amsterdam 1,587,1995

17. Hyakusoku H, Murakami M, Aoki R. Multilobed propeller flap method. Plast. Reconstr. Aesth. Surg. Kugler Pubrications Amsterdam.1:338, 1995

18. Mitsuhashi K, Hyakusoku H, Fumiiri M, Miyashita T. Treatment of so-called keloids with excision and postoperative electoron beam irradiation. Reconstr. Aesth. Surg. Kugler Pubrications Amsterdam.1:337,1995

19. Aoki R, Gao JH, Hyakusoku H, Fumiiri M. Long-term follow-up of intercostel cutaneous perforator flaps in hand reconstruction. Aesth. Surg. Kugler Pubrications Amsterdam. 1:592,1995

20. Akimoto M, Hyakusoku H, Fumiiri M. Computer analysis of Rhomboid flaps using finite elament method. Plast. Surg.(Excepta Medica)1992, vol.2:101-102, 1992

21. Yamamoto T, Hyakusoku H. The propeller flap method. Plast. Surg. (Excepta Medica)1992, vol.2:1992,vol.2:103-104,1992

22. Kanno K, Hyakusoku H, Fumiiri M, Hirakawa K, WatanabeT. Chronological observation of the energy metabolism of skin flaps by the 31p-MRS surface coil method. Plast. Surg. (Excepta Medica), vol.2:117-118,1992

23. Hyakusoku H, Fumiiri M. Secondary vascularized flaps made by free inferior epigastric vascular bundle transfer. Plast. Surg. (Excepta Medica),vol.2:133-134,1992

24. Okubo M, Hyakusoku H. Use of superficial cervical artery skinflaps in reconstruction of cervical scar contructures. Plast. Surg. (Excepta Medica),vol.2:369-370,1992

25. Tonegawa H, Hyakusoku H, Kanno K, Fumiiri M. Reconstruction of thecalcaneal area using distally based sural fasciocutaneous islandflaps. Plast. Surg. (Excepta Medica), vol.2:835-836,1992

26. Akimoto M, Hyakusoku H, Yamamoto T, Fumiiri M. Expanded median forehead flap for burned nose. Tissue expansion symposium(Takehiko Oura編),117-119,1991,Sando Inc.

 

(和文著書編集)

1. 百束比古(編集):PEPAERS No.99(増大号) 美容外科・抗加齢医療―基本から最先端まで―、全日本病院出版会、2015

2. 百束比古(編集):PEPARS No.65 美容外科的観点から考える口唇口蓋裂形成術、全日本病院出版会、2012

3. 百束比古、小川令(編集):アトラス、きずのきれいな治し方(第2版)、全日本病院出版会 2012

4. 百束比古(編集):アトラス形成外科手術手技、中外医学社、2011

中島龍夫1、百束比古(1.慶應義塾大学形成外科)(編集):使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、2010

5. 百束比古、中島龍夫(編集):使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻、全日本病院出版会、2010

6. 百束比古(編集):形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、2010

7. 百束比古(編集):PEPARS No.27(増大号) 実践 非手術的美容医療、全日本病院出版会、2009

8. 百束比古(総監修 高久史麿):ステッドマン医学大辞典第6版、メジカルビュー社、2009

9. 百束比古(編集):PEPARS No.8(増大号)フェイスリフト実践マニュアル、全日本病院出版会、2006

10. 百束比古、小川令(編集):アトラス、きずのきれいな治し方、全日本病院出版会、2005

11. 百束比古:(総監修 高久史麿)ステッドマン医学大辞典第5版、メジカルビュー社、2005

12. 百束比古(編集):形成外科アドバンスシリーズ、熱傷の治療最近の進歩、克誠堂、2003

13. 百束比古(監修):医療スタッフのためのリハビリメイク、克誠堂、2003

14. 百束比古:(総監修 高久史麿)ステッドマン医学大辞典ナース版、メジカルビュー社、1997

15. 百束比古:(総監修 高久史麿)ステッドマン医学大事典第4版、メジカルビュー社、1997

16. 百束比古:(総監修 高久史麿)ステッドマン医学大事典第3版、メジカルビュー社、1992

 

(和文著書分担)

1. 百束比古:13、顔面におけるsecondary vascularized flapの応用─遊離血管束移植による有毛部の再建─、アドバンスシリーズ、各種局所皮弁による顔面の再建:最近の進歩改訂第2版、監修:波利井清紀、編著:田原真也、pp127-134、2013 克誠堂出版

2. 百束比古、小川令:アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、2012.6

3. 百束比古:3 手術で治す方法―形成外科の縫い方と皮膚移植―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp27-31、2012.6

4. 小野真平、百束比古:コラム 局所皮弁法の新しい波―穿通枝皮弁とプロペラ皮弁―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp32、2012.6

5. 陳貴史、百束比古:コラム 切断指、デグロービング・リング損傷の治療、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp48-49、2012.6

6. 稲田浩美、百束比古:B. 褥瘡のできやすい部位と予防法、7 褥瘡の治療―とこずれをどう治療するか―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp65-67、2012.6

7. 石井暢明、百束比古:F. 褥瘡の手術適応と術式の選択、7 褥瘡の治療―とこずれをどう治療するか―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp81-83、2012.6

8. 百束比古、大木更一郎:G. 褥瘡手術の実際、7 褥瘡の治療―とこずれをどう治療するか―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp83-90、2012.6

9. 野本俊一、百束比古:9 下腿潰瘍―治りにくいのはなぜか、手術はどうやるのか―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp109-114、2012.6

10. 小川令、百束比古:12 瘢痕・瘢痕拘縮 ―整容と機能の両面から―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版 ―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp133-142、2012.6

11. 百束比古、Vu Quang Vinh:コラム 薄い皮弁による整容的再建 ―皮弁は厚いという常識への挑戦―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版 ―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp143-144、2012.6

12. 百束比古、奥田貴久:15 美容目的の異物埋(注)入と傷跡 ―顔面と乳房―、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版 ―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp163-166、2012.6

13. 石井暢明、百束比古:コラム きれいな刺青の除去、アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版 ―外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで―、全日本病院出版会、pp170-171、2012.6

14. 百束比古:コラム4 皮弁の種類と移植法について、6. 皮膚欠損の修復法、第1章 基本的な形成外科手術手技、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp57-60、2011.4

15. 百束比古:1. 口唇裂、口蓋裂、小耳症などの先天異常の子どもが生まれた時、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp98-100、2011.4

16. 百束比古、陳貴史:11.陥没乳頭を治したい、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp150-153、2011.4

17. 百束比古、小川令:ピアスを開けたい‐施術後のトラブルを含めて‐、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp172-175、2011.4

18. 百束比古、小池幸子:17.下眼瞼のたるみを取りたい、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp185-186、2011.4

19. 百束比古:18.刺青を取りたい、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp187-189、2011.4

20. 久保一人1、百束比古(1.会津中央病院形成外科):20.包茎を治したい、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp194-196、2011.4

21. 百束比古:21.フィラーやインプラントを埋入されたが心配がある、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp197-203、2011.4

22. 百束比古:コラム11 美容外科手術を受けたいがどこが安全か、21.フィラーやインプラントを埋入されたが心配がある、第2章 臨床の実際―こんな相談をされた時形成外科医ならこう説明する、アトラス形成外科手術手技、中外医学社、pp204-206、2011.4

23. 百束比古:1 概論、A 皮膚移植術、組織移植術、第2章 形成手術手技、第Ⅰ編 総論、標準形成外科学第6版、医学書院、pp34-37、2011.11

24. 小川令, 百束比古. 創傷被覆剤-形成外科医の立場から. 医療材料[外科製品・生体材料]の臨床ニーズ集. 株式会社技術情報協会, 東京, pp142-147, 2012.

25. かづきれいこ、百束比古:特殊メイク法―リハビリメイク®の応用―、Ⅳ技術的側面、pp161-166、NeurosurgeryNOW13号 整容脳神経外科Update きれいなキズアトを目指して、メジカルビュー社、2011.2

26. 百束比古: 正方皮弁法とsquare flap principle、Ⅰ.局所皮弁法および小皮弁法、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp14-19、2010.4

27. 村上正洋、百束比古:Central axis flap method -multilobed propeller flap, scar band rotation flap, pin-wheel flap-、Ⅰ.局所皮弁法および小皮弁法、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp74‐81、2010.4

28. 小野真平、小川令、百束比古:後頭頚部皮弁 Occipito-Cervico(OC)flap、Ⅱ.有茎皮弁術、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp95‐100、2010.4

29. 大木更一郎、百束比古:SCAP(superficial cervical artery perforator)皮弁―頭頚部再建 遊離皮弁の可能性も含めて―、Ⅱ.有茎皮弁術、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp101‐106、2010.4

30. 江浦重義、青木律、百束比古:SEPA皮弁―男性外陰部再建など―、Ⅱ.有茎皮弁術、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp134‐139、2010.4

31. 大木更一郎、百束比古:大殿筋穿通枝皮弁―仙骨部再建―、Ⅱ.有茎皮弁術、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp147-151、2010.4

32. 石井暢明、大木更一郎、百束比古:大腿二頭筋皮弁―坐骨部褥瘡再建―、Ⅱ.有茎皮弁術、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp160-164、2010.4

33. 百束比古:遠位茎腓腹皮弁による下腿・足再建、Ⅱ.有茎皮弁術、使える皮弁術-適応から挙上法まで-上巻、全日本病院出版会、pp165-169、2010.4

34. 百束比古、岩切致、野本俊一:遠位茎腓腹皮弁(distally cased sural flap)、エキスパート形成再建外科手術 ひと目でわかる術式選択とテクニック、中山書店、pp326-335、2010.4

35. 百束比古、水野博司:下肢のプロペラ皮弁法(propeller flap method)による欠損の被覆、エキスパート形成再建外科手術 ひと目でわかる術式選択とテクニック、中山書店、pp336-343、2010.4

36. 百束比古:乳房埋入異物の診断と治療、Ⅱ.乳房の美容外科、形成外科ADVANCEシリーズⅡ-5 乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版、克誠堂出版、pp234-243、2010.4

百束比古:瘢痕皮弁 Scar(red) flap、Ⅳ.特殊な概念の皮弁術・新しい方法、使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻、全日本病院出版会、pp95-98、2010.5

37. 小川令、小野真平、百束比古:穿通枝スーパーチャージング超薄皮弁、Ⅳ.特殊な概念の皮弁術・新しい方法、使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻、全日本病院出版会、pp106-110、2010.5

38. 小野真平、百束比古:穿通枝茎プロペラ皮弁法-The Perforator Pedicled Propeller(PPP) Flap Method-、Ⅳ.特殊な概念の皮弁術・新しい方法、使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻、全日本病院出版会、pp111-117、2010.5

39. 百束比古、水野博司:プレファブ皮弁―血管束移植皮弁と組織移植皮弁―、Ⅳ.特殊な概念の皮弁術・新しい方法、使える皮弁術-適応から挙上法まで-下巻、全日本病院出版会、pp127-132、2010.5

40. 百束比古:174. 顔面外傷、総合診療マニュアル、金芳堂、pp330-333、2010.7

41. 百束比古、かづきれいこ:第2章医学界からの提言「自分を取り戻す街」、長生きできる街づくり 若者や子供たち、未来世代に贈るTOP構想(千葉大学 予防医学センター編)、PHP出版、pp45-55、2010.6

42. 百束比古:形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、2010.3

43. 百束比古、村上正洋:4.皮弁の分類―移動方法から考えた分類、A.皮弁,フラップの分類、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp18-22、2010.3

44. 百束比古、小川令、小野真平:5. 後頭動脈下降穿通枝(OC)超薄皮弁と頸部前胸部(CP) 超薄皮弁、B.代表的皮弁とその挙上法、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp38-41、2010.3

45. 村上正洋、大木琴美、百束比古:12. 胸部肋間動脈穿通枝皮弁、B.代表的皮弁とその挙上法、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp60-62、2010.3

46. 百束比古:19.深腸骨回旋動脈(DCIA) を茎とした遊離腸骨弁、B.代表的皮弁とその挙上法、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp83-85、2010.3

47. 大木更一郎、百束比古、小池幸子:20.SGAP皮弁、IGAP皮弁、B.代表的皮弁とその挙上法、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp86-89、2010.3

48. 岩切致、百束比古、野本俊一:27.遠位茎腓腹皮弁、B.代表的皮弁とその挙上法、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp112-113、2010.3

49. 小川令、百束比古:9.頤・前頸部再建、E.再建部位別の標準的な皮弁手術、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp196-199、2010.3

50. 水野博司、百束比古:16.人工物摘出後の乳房再建、E.再建部位別の標準的な皮弁手術、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp218-219、2010.3

51. 大木更一郎、小野真平、百束比古:20.褥瘡・難治性潰瘍再建(ⅱ) 穿通枝茎プロペラ皮弁による、E.再建部位別の標準的な皮弁手術、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp232-234、2010.3

52. 百束比古、石井暢明、小野真平:2.プロペラ皮弁法、F.皮弁の新たな展開と理論、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp244-246、2010.3

53. 奥田貴久、水野博司、百束比古:prefabricated flap と再生医療、F.皮弁の新たな展開と理論、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp251-253、2010.3

54. 陳貴史、百束比古:7.degloving injury のarterialization、F.皮弁の新たな展開と理論、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp258-259、2010.3

55. 小川令、赤石諭史、百束比古:1.整容的皮弁としての薄層化皮弁とその穿通枝付加、G. 皮弁外科における整容的配慮、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp272-274、2010.3

56. 村上正洋、百束比古:3.皮弁採取部における整容的配慮、G.皮弁外科における整容的配慮、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp278-279、2010.3

57. 小野真平、百束比古、王春梅:5.整容的再建における”expanded flap”の応用、G.皮弁外科における整容的配慮、形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて、文光堂、pp282-284、2010.3

58. 百束比古、岩切致、野本俊一:遠位茎腓腹皮弁(distally cased sural flap)、エキスパート形成再建外科手術 ひと目でわかる術式選択とテクニック、中山書店、pp326-335、2010.4

59. 百束比古、水野博司:下肢のプロペラ皮弁法(propeller flap method)による欠損の被覆、エキスパート形成再建外科手術 ひと目でわかる術式選択とテクニック、中山書店、pp336-343、2010.4

60. 百束比古:乳房埋入異物の診断と治療、Ⅱ.乳房の美容外科、形成外科ADVANCEシリーズⅡ-5 乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版、克誠堂出版、pp234-243、2010.4

61. 百束比古,大木更一郎 殿部領域の再建外科 9,大転子の再建 1)大転子部の筋弁,筋皮弁による再建手術 形成外科アドバンスシリーズ  殿部・会陰部の再建と褥瘡の治療 最近の進歩 第2版 (監修 波利井清紀  編著 野崎幹弘 ) 163-171pp, 2009.1

62. 百束比古:ケロイドの治療、形成外科診療プラクティス、形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療、文光堂、pp225−226、2009.4

63. 百束比古、青木律、小野真平:人工材料の基礎知識、美容皮膚科学(改訂第2版)南山堂、pp455-463,2009.5

64. 原理子、百束比古:注入異物同定法、美容外科基本手技(酒井成身編集)、pp220−222、南江堂、2008、4

65. 百束比古、水野博司:乳房異物の除去と再建(酒井成身編集)、美容外科基本手技、pp223−225,南江堂、2008,4

66. 水野博司、百束比古:ケロイドの縫合、PEPARS14(増大号)縫合の基本手技、pp.81-85,全日本病院出版会、2007,3

67. 佐野和史、百束比古:上肢・手の挫滅創の一時処置、外傷形成外科学、pp103-109、克誠堂、2007

68. 佐野和史、百束比古:デグロービング損傷、外傷形成外科学、pp110-114、克誠堂、2007

69. 百束比古、大木更一郎:下肢・足の損傷総論、外傷形成外科学、pp190−202、克誠堂、2007

70. 百束比古、小川令:剥脱性損傷・轢過損傷、外傷形成外科学、pp203-205、克誠堂、2007

71. 百束比古:熱傷後肥厚性瘢痕予防と治療、熱傷治療マニュアル、中外医学社、木所昭夫編著、pp266−272,2007

72. 百束比古:瘢痕とケロイド、TEXT形成外科学第2版、pp39−46,南山堂、2007,7

73. 百束比古:手術で治すには.アトラス、きずのきれいな治し方(百束比古 小川令),2006;pp21-25,全日本病院出版会.

74. 百束比古、河原理子:乳房異物の除去と再建手術—自家組織による再充填術を中心にー形成外科ADVANCEシリーズ、美容外科最近の進歩(第2版)pp162−169,克誠堂出版、2005

75. 百束比古、青木律、河原理子1(1.神栖済生会形成外科):人工材料の基礎知識、美容皮膚科学、p405−413、南山堂、2005

76. 百束比古:瘢痕とケロイド、TEXT形成外科学、PP39−48、南山堂、2004

77. 青木律、百束比古:炭酸ガスレーザー、形成外科ADVANCEシリーズ、レーザー治療、最近の進歩、pp30−36,克誠堂、2004

78. 青木律、百束比古:皮膚腫瘍、形成外科ADVANCEシリーズ、レーザー治療、最近の進歩 pp77−83,克誠堂、2004

79. 百束比古:形成外科アドバンスシリーズ、熱傷の治療最近の進歩、克誠堂、2003

80. 百束比古:熱傷瘢痕拘縮形成における真皮下血管網皮弁の適用、形成外科アドバンスシリーズ、熱傷の治療最近の進歩、克誠堂、2003

81. 平井隆、百束比古:熱傷瘢痕拘縮形成におけるPrefabricated flap の適用、形成外科アドバンスシリーズ、 熱傷の治療最近の進歩、克誠堂、2003

82. 村上正洋、百束比古:熱傷瘢痕拘縮形成における各種局所皮弁法の適用、形成外科アドバンスシリーズ、熱傷の 治療最近の進歩、克誠堂、2003

83. 百束比古:医療スタッフのためのリハビリメイク、克誠堂、2003  

84. 百束比古:総論-メイクアップセラピーの意義-.医療スタッフのためのリハビリメイク 2003:3-7

85. 百束比古:Secondary vascularized flap :特に遊離血管束移植による2次皮弁を中心に、皮弁筋皮弁実践マニュアル、全日本病院出版会、241-246,2002

86. 百束比古:スポーツと損傷:顔面軟部組織の損傷、Editoni(全日本病院出版会)32-41,2002 

87. 百束比古:大転子部の再建:a.筋弁・筋皮弁による再建、臀部・会陰部の再建と褥瘡の治療・最近の進歩、形成外科アドバンスシリーズ、145-150,克誠堂、2000

88. 百束比古:Secondary hair bearing flapによる有毛部再建、各種局所皮弁による顔面再建・最近の進歩、形成外科アドバンスシリーズ、198-204,克誠堂、2000

89. 百束比古:注入異物除去術、美容外科手術プラクティス2:405-407,2000

90. 百束比古:形成外科領域、内視鏡手術の術中管理とトラブルシューティング:113-122,真興貿易、 2000

91. 百束比古 Bilaterally divided free TRAM flapによる異物埋入乳房の再建手術 乳房・乳頭の再建 最近の進歩 形成外科ADVANCEシリーズ・-5(波利井清紀監修 山田敦編著) 克誠堂 1999 36 42

92. 百束比古:乳房異物の除去と再建手術:とくに自家組織による再充填術について、形成外科アドバンスシリーズ、美容外科最近の進歩、133-140,1998

93. 百束比古:顔面外傷・眼の外傷.救急現場の救急医療(山本保博監修)37-45,荘道社,199595.百束比古:下腹壁血管束を用いたSecondary vascularized flapによる再建術.形成外科アドバンスシリーズ:マイクロサージェリー最近の進歩,克誠堂,1995

94. 百束比古:口唇部への植皮の注意点. 整形・形成外科診療Q&A,157ー158,1994,六法出版

95. 百束比古:皮弁移植法;瘢痕皮弁.形成外科アドバンスシリーズ(波利井清紀他編),60ー65,1993,克誠堂

96. 百束比古:乳房埋入異物後遺症の治療.乳房の形成外科(藤野豊美編),64ー73,1991,克誠堂

97. 百束比古:Secondary vascularized flap.整形・形成外科Q&A,22,1990,六法出版社

98. 百束比古:偏平母斑の治療について. 整形・形成外科Q&A,14,1989,六法出版社

99. 文入正敏,百束比古:人工補填材の生体反応.図説臨床形成外科講座(添田周吾,塚田貞夫,大浦武彦編),44ー45,1987,メジカルビュー社

100. 文入正敏,百束比古:ヒトアジュバント病.図説臨床形成外科講座(添田周吾,塚田貞夫,大浦武彦編),46ー48,1987,メジカルビュー社

101. 百束比古,文入正敏:乳房異物注入後の合併症.図説臨床形成外科講座(添田周吾,塚田貞夫,大浦武彦編),74ー75,1987,メジカルビュー社 

102. 文入正敏,百束比古:隆起性皮膚線維肉腫. 図説臨床形成外科講座(添田周吾,塚田貞夫,大浦武彦編),230ー231,1987,メジカルビュー社

103. 文入正敏,百束比古:外傷性異物.新外科学大系(木本誠二編),29B:224-226,1987, 中山書店

104. 文入正敏,百束比古:人工補填物(プロテーゼ)埋入による合併症および後遺症.新外科学大系(木本誠二編),29B:227-235,1987,中山書店

105. 文入正敏,百束比古:刺青.新外科学大系(木本誠二編),29 B:235ー237,1987,中山書店

106. 末延自顕,百束比古:軟部組織の縫合法.内科医のための外傷救急初期治療(大塚敏文編),153ー160, 1983,南文堂

© 2020 Hiko Hyakusoku

Operation outline
ポエム
北岡冬木全詩集

診療対応施設

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean