(和文原著)

1. 村上正洋、百束比古、宮里和明:牽引筋腱膜縫着術と眼輪筋短縮術を併用した退行性下眼瞼内反症の長期結果と牽引筋腱膜縫着術単独手術症例との比較、日美外報、36(2) 1-6 2014

2. 桐生(長嶋)有紀、赤石諭史、百束比古:ヒアルロン酸の乳房注入によると思われる後遺症の3例、日美外報、 36(2) 14-21 2014

3. 宮崎邦夫、百束比古、Orgil DP、水野秀一:形成外科学とメカノバイオロジー(機械生物学)-物理的刺激が創傷治癒や組織再生に与える役割-、日形会誌、32 137-143 2012

4. 小川令、赤石諭史、土肥輝之、百束比古:物理的刺激と炎症の軽減に焦点を絞ったケロイド治療、創傷、 Vol. 3 No. 2 82-88 2012

5. 陳貴史、河邊京子、百束比古:多血小板治療における早期皮下硬結の実験的検討、日美外報、34(1) 1-8 2012

6. 陳貴史、河邊京子、百束比古:金の糸と種々のレーザー・高周波機器との相互作用における短期間実験的検討、日美外報、34(2) 1-7 2012

7. 石井暢明、小川令、百束比古:ポケットを有する仙骨部褥瘡に対するポケット被蓋回転皮弁、日本褥瘡学会誌、No.1 Vol.14 74-77 2012

8. 赤石諭史、小川令、 百束比古: 瘢痕治療におけるシリコーンジェルシートの適応と作用機序. 創傷、Vol. 1 No. 3 112-118 2010

9. 小野真平、林宏光、小川令、百束比古:"プロペラ皮弁法"の術前穿通枝評価におけるMultidetector-row CT(MDCT)の有用、創傷、Vol. 1 No. 3 125-132 2010

10. 高建華、百束比古、水野博司、山本有平、胡振富(2010):中国における皮弁開発の真の歴史―特にGroin flap, Chinese flap, ALT flap, Super-thin flapについて―、日形会誌、30(1) 36-44 2010

11. 百束比古:美容目的の体内異物の画像診断、形成外科、53(2 ) 147-156 2010

12. 黒田周一、小野真平、青木律、利根川均、百束比古:ポリアクリラミドハイドロジェル(PAG)大量注入による豊胸術術後後遺症の画像所見の検討、日美外報、31(4) 1-7 2010

13. 百束比古、小川令、村上正洋、小野真平:超薄皮弁による頸部瘢痕拘縮の再建、形成外科、52(12) 1417-1425 2009

14. 陳貴史、百束比古:われわれのケロイド・高度肥厚性瘢痕に対する術後電子線照射療法後の再発症例の検討、日皮会誌、119(11) 2181-2186 2009

15. 小野真平、百束比古、小川令、青木律:経腋窩バッグプロステーシス挿入法による豊胸術後遺症の検討、日美外誌、31 131-136 2009

16. 百束比古、大木更一郎、水野博司、村上正洋、赤石諭史、小野真平、石井暢明、小川令:プロペラ皮弁法の新たな展開、形成外科、52(10) 1237-1246 2009

17. かづきれいこ、百束比古:リハビリメイク®が更年期症状に及ぼす効果—WHOQOL26,クッパーマン更年期障害指数を用いた評価—:女性心身医学、14(1) 85-93 2009

18. 高見佳宏、野中由紀子、小野真平、百束比古:高齢者の皮膚線維芽細胞培養の検討、Skin Surgery、17(2) 70-73 2008

19. 村上正洋、百束比古、宮里和明:牽引筋腱膜縫着術を行った老人性下眼瞼内反症の長期結果、日美外報、30(2) 11-16 2008

20. 水野博司、青木律、岩切致、村上正洋、小川令、赤石諭史、百束比古、Vu Quang Vinh:ベトナムにおける熱傷再建外科治療の経験、熱傷、34(2) 104-109 2008

21. 百束比古、小野真平、小川令、水野博司、平川慶子:脂肪注入法による豊胸術の合併症について、形成外科、51(2):289-296 2008

22. 陳貴史、百束比古:当科における顔面異物注入後遺症の検討、Aesthetic Dermatology、 15(1) 72-76 2008

23. 小川令、Pearlei Tan, Ashish Patel, 百束比古:顔面移植に対する日本人の考え方—アンケート調査の結果からー、日形会誌、28(12) 757-762 2008

24. 小川令、赤石諭史、小野真平、栗林茂彦、宮下次廣、百束比古:ケロイドに対する手術および術後電子線治療—18ヶ月以上経過観察された522部位の検討—、日形会誌、28(12) 763-770 2008

25. 百束比古、小川令、野本俊一、石井暢明:手術後ストレス障害(Post-Surgical Stress Disorder: PSSD)の提唱、日美外報、29 124-128 2007

26. 百束比古、小川令:片側唇裂初回手術、形成外科、50 783-788 2007

27. 小川令、百束比古、石井暢明、野本俊一:自家脂肪組織注入による豊胸術に対する考察、形成外科、50 789-797 2007

28. 小池幸子、小川令、青木律、かづきれいこ、百束比古:リストカットによる瘢痕に対する修正術の検討、日美外報、29: 21-25 2007

29. 大木更一郎、小池幸子、江浦重義、村上正洋、青木律、百束比古:LeFort III型骨折に対する蝶頬骨縫合固定法、形成外科、50 1281-1290 2007

30. 宮田美穂、秋元正宇、太組一朗、寺本明、百束比古:眼窩底骨折に対するナビゲーションシステムの使用、日本シミュレーション外科学会誌、15(4) 85−89 2007

31. 土佐眞美子、村上正洋、百束比古:BCG接種部に発生したケロイドの臨床的検討、日形会誌、26(6) 359-364 2006

32. 小川令、水野博司、藤村樹里、飛田護邦、糸井由里恵、鈴木秀典、島田隆、百束比古:脂肪組織由来幹細胞を用いた治療戦略、形成外科、49(10) 1113-1123 2006

33. 水野博司、赤石諭史、小池幸子、百束比古、宮本正章:虚血性難治性皮膚潰瘍に対する骨髄単核球導入コラーゲンマトリックスの臨床応用、日本形成外科学会誌、26(11) 726-732 2006

34. 百束比古、小川令、奥田貴久:異物や自家脂肪による障害-その検査と画像診断-、日美外報、28(4) 36-45 2006

35. 河原理子、百束比古、平川慶子、大野曜吉:NMR分光法を用いた美容医療材料および生体内埋入異物の化学分析、日美外報、28(4) 46-50 2006

36. 胡志奇、小川令、青木律、高建華、百束比古:遊離前外側大腿皮弁196例の検討、日形会誌、25 1-8 2005

37. 陳貴史、百束比古:褥瘡・皮膚潰瘍に対するトレチノイントコフェリル軟膏(オルセノン軟膏)とスルファジアジン銀クリーム(ゲーベンクリーム)混合軟膏による治療、日本褥瘡学会誌、7(2) 199−202 2005

38. 小川令、百束比古:新しい皮弁分類法の提唱、—血管吻合を考慮した新しい皮弁手術手技分類法—日医大医会誌、1 26-32 2005

39. 松浦香野、中尾千代美、小川令、青木律、百束比古、濃沼政美: 熱傷後肥厚性瘢痕の掻痒に対するヨモギローションの止痒効果、熱傷、29(1) 60-65 2003

40. 小川令、百束比古、村上正洋、藤本将史:背部から挙上した薄く巨大な皮弁の経験、日本マイクロサージャリー学会会誌、17(1) 55-60 2004

41. 百束比古、陳貴史:乳頭支持ピアスによる陥没乳頭の牽引固定法、日美会報、26 26-29 2004

42. 秋元正宇、千明美保、黒田周一、百束比古:汎用非線形パッケージソフトウェアによる皮膚単純縫縮・Z形成術シミュレーションの試み、日本シミュレーション外科学会会誌、11 14-17 2004

43. 村上正洋、百束比古、小川令:眼瞼の遊離植皮に併用したワイヤーフレーム外固定法の有用性、熱傷30(2) 65-69 2004

44. 小川令、百束比古、宮下次廣、舘野温、隈崎達夫:ケロイドに対する集学的治療-電子線照射を含めた当施設の工夫- 、臨床皮膚科、58(9) 700-705 2004

45. 赤石諭史、小川令、石丸さやか、百束比古:耳部ケロイドの手術治療に関する検討、形成外科、47(7) 777-783 2004

46. 百束比古、小川令:ケロイド・肥厚性瘢痕に対する電子線照射療法:その基礎と臨床、形成外科、47(5) 507-513 2004

47. 村上正洋、百束比古、小川令:手掌の熱傷後瘢痕拘縮再建における真皮下血管網皮弁の有用性、熱傷、30 161-167 2004

48. 百束比古、小川令:ケロイド・肥厚性瘢痕の治療、外科的治療と予防、形成外科、47 252-257 2004

49. 小川令、水野博司、渡辺淳、右田真、百束比古、島田隆:GFPトランスジェニックマウスを用いた脂肪組織由来幹細胞から骨・軟骨・脂肪細胞への分化誘導実験系の確立、日形会誌、24 625-633 2004

50. 村上正洋、百束比古、小川令:真皮下血管網皮弁による手掌の熱傷後瘢痕拘縮再建、熱傷、30 161-167 2004

51. 佐藤和夫、百束比古、二つ川章二:PIXI分析によるHydrogelの検討、日美会報、25 23-30 2003

52. 村上正洋、百束比古:遠隔皮弁における茎部閉鎖法の一工夫、日本形成外科学会会誌、 23(6) 385-387 2003

53. 村上正洋、百束比古、陳貴史:Cervico-pectoral(CP)Flapの生着範囲および微小血管束付加の要否についての検討、日本マイクロサージャリー学会会誌、16(3) 271 2003

54. 石丸さやか、村上正洋、水野博司、百束比古:Visual Analogue Scale Methodを用いた腋臭症の術後評価の試み、日美外報、25(3) 87-90 2003

55. 小川令、百束比古、平井隆、秋元正宇、藤本将史:人工骨露出を伴う頭部難治療生皮膚潰瘍に対する治療経験、形成外科、46(12) 1313-1316 2003

56. 小川令、三橋清、百束比古、他6名:われわれのケロイド・肥厚性瘢痕に対する術後電子線照射療法の治療成績:18ヶ月以上の経過観察症例について、日形会誌、22 357-361 2002

57. 村上正洋、百束比古、小川令、高建華:肩甲回旋動静脈付加狭茎後頭頸背真皮下血管網皮弁の解剖学的ならびに臨床医学的研究(学位指導論文)、日本マイクロサージャリー学会誌、15 223-235 2002

58. 宮下次廣、飯野温、隈崎達夫、小川令、岩切致、百束比古:良性腫瘍の放射線治療 皮膚・骨軟部ケロイド、臨床放射線、47 122-131 2002

59. 秋元正宇、千明美保、黒田周一、百束比古:皮膚用接着剤Octyl-2-cyanoacrylateの接着強度試験と補強剤複合法(RC法)の考案、日形会誌、22 815-918 2002

60. 百束比古:熱傷後肥厚性瘢痕の予防と治療、救急医学、27 88-89 2002

61. 松浦香野、小川令、百束比古、他3名:熱傷後肥厚性瘢痕の掻痒に対するヨモギローションの止痒效果、熱傷、29 50-56 2002

62. 小川令、井上幸彦、百束比古:肋間動脈皮膚穿通枝付加真皮下血管網皮弁における背部皮膚穿通枝の臨床的検討、日本マイクロ学会誌、14 32-37 2001

63. 小川令、荒井亮介、百束比古、青木律、三津橋:形成外科領域におけるカラーチャートを用いたデジタルカメラの比較検討、形成外科、44 809-814 2001

64. 王春梅、百束比古、他3名:肥厚性瘢痕と耳ケロイド対質の分子遺伝学的解析、日本未病システム学会雑誌、7 75-78 2001

65. 青木律、中川秀巳、百束比古、他2名:皮膚表在性色素性病変に対するフラッシュランプ療法、日美外誌、23 87-94 2001

66. 岩切致、王春梅、百束比古、平川慶子:IH-MRS法を用いたケロイド・肥厚性瘢痕の代謝学的研究(学位指導論文)日形会誌、21 473-480 2001

67. 青木律、百束比古:Evans' Flapを応用した鼻翼口唇部再建 、日本マイクロサージャリー学会誌、13(1) 79-83 2000

68. 高建華、百束比古、王春梅、青木律:Narrow skin pedicled flapの生着に関する実験的研究,薄い皮弁の皮膚茎の幅による生着域の変化およびその結果の厚い皮弁との比較(学位指導論文)日形会誌、20 223-238 2000

69. 王春梅、百束比古、中沢南堂、浅野伍朗:肥厚性瘢痕およびケロイドの分子遺伝学的解析(学位指導論文)日形会誌、21 223-238 2000

70. 河原理子、百束比古、青木律、三橋清、村上正洋、小川令:当科における小児熱傷の検討 第1報 形成外科初診患者について、熱傷26 57-62 2000

71. 岩切致、百束比古、青木律、青木見佳子:皮膚腫瘍のExcisional biopsyにおける人工真皮の有用性、日形会誌、20 665-670 2000

72. 百束比古:豊胸術とくに注入異物のunfavorable resultsとその再建手術、日美外報、21(1) 16 22 1999

73. 井上幸彦、岡敏行、百束比古、他4名:形成外科領域におけるスノーボード外傷の治療経験、形成外科、41 765-770 1998

74. 宮下次廣、隈崎達夫、百束比古、他2名:胸骨部ケロイド治療における切除後術後照射および自己管理プログラム併用の有用性、日方腫治療会誌、14 33-36 1999

75. 高建華、百束比古、青木律、他:Narrow pedicled skin flapの生着に関する実験的研究ー厚い皮弁における皮膚茎の幅の違いによる生着域と血流動態の比較、日形会誌、19 553-559 1999

76. 村上正洋、百束比古:小皮膚腫瘍に対する巾着縫合法の経験、日美外報、21(2) 87-93 1999

77. 百束比古:体内埋入異物について:特に美容目的のもの、日本医事新報、3820 33-36 1997

78. 青木見佳子、本田光芳、山本達、百束比古:木村病:マスト細胞の電顕的脱顆粒形態、臨床皮膚科、51 785-790 1997

79. 村上正洋、益子邦洋、大塚敏文、秋元正宇、百束比古:顔面骨骨折におけるbi-temporal approachの経験と適応、日災医会誌、45 496-499 1997

80. 百束比古、他3名:真皮下血管網皮弁の血行と臨床―Supercharging versionを中心に、形成外科、39 993-1002 1996

81. 大木更一郎、百束比古、他4名:最近経験した陰茎注入異物後遺症とその社会的問題点について、日美会報、18 95-101 1996

82. 百束比古:広範囲熱傷後の頚部顔面瘢痕拘縮の皮弁による再建、日災医会誌、43 434-442 1995

83. 高建華、百束比古、山本達、文入正敏、羅錦輝、他1名:超薄皮弁の経験、形成外科、35 1097-1103 1992

84. 秋元正宇、百束比古、白井洋司、大久保正智、文入正敏、他7名:悪性線維性組織球腫(MFH)5例の治療経験、形成外科、34 191-198 1991

85. 三橋清、百束比古、文入正敏:Maxillo-mandibular sprintの使用経験、形成外科、34 405-408 1991

86. 山村美和、平川慶子、百束比古、山本達、文入正敏、他2名:13C固体MRSを用いた埋入異物の分析法;第1報:標準物質に関する報告、形成外科、34 909-913 1991

87. 百束比古、文入正敏:ヒトアジュバント病、手術、45 873-880 1991

88. 百束比古:小児の熱傷後瘢痕拘縮の形成術ーとくに皮弁の適用を中心に、形成外科、34 1283-1289 1991

89. 滝沢康、百束比古、秋元正宇、山本達、大木更一郎、他3名:顔面の皮膚悪性腫瘍摘出後再建における静脈皮弁の適応について、Skin Cancer、6 427-430 1991

90. 村上正洋、百束比古、吉田秀也、滝沢康、青木律、他1名:Cross-footmedial plantar flap の経験、整災外、34 1671-1674 1991

91. 秋元正宇、百束比古、土屋喜哉、望月功、麦谷圭一郎、他3名:顔面骨骨折における3DCTの有用性について、日救医関東誌、12 726-728 1991

92. 山村美和、百束比古、玉井仁:MRIによる乳房埋入異物の識別に関する実験的ならびに臨床的研究;第1報、日形会誌、11 483-492 1991

93. 大木更一郎、百束比古、白井洋司、文入正敏、青木見佳子:頚部廓清術施行例における顔面軟部組織欠損の再建、日頭顎顔外会誌、7 11-19 1991

94. 百束比古、白井洋司、文入正敏:Secondary island graft-flapを用いた眼瞼再建の経験、日美外会誌、11 79-82 1989

95. 百束比古、文入正敏:えきか部熱傷瘢痕拘縮の形成手術について、熱傷、15 35-41 1989

96. 大久保正智、百束比古、文入正敏:U-osteotomyの経験、形成外科、32 401-405 1989

97. 秋元正宇、百束比古、滝沢康、文入正敏:Lateral supramalleolar flapの経験、日形会誌、9 460-467 1989

98. 滝沢康、百束比古、白井洋司、大久保正智、文入正敏、他2名:最近経験したCross-leg法の16例、形成外科、32 1262-1269 1989

99. 百束比古、白井洋司、梅田敏彦、平井隆、吉田秀也、他4名:Cross-leg fasciocutaneous flapの9例、整災外、31 421-425 1988

100. 百束比古、大久保正智、秋元正宇、滝沢康、文入正敏、他3名:Vascularized outer-table calvarial bone flapによる前頭骨再建の経験、手術、42 995-999 1988

101. 平井隆、百束比古、文入正敏:ワイヤフレーム外固定法を用いた植皮法の経験、形成外科、31 923-928 1988

102. 百束比古、大久保正智、文入正敏、岩淵龍臣:LateralCalcaneal Flapによる再建とその応用、形成外科、30 23-27 1987

103. 百束比古、白井洋司、石井和博、文入正敏、服部怜美:隆起性皮膚線維肉腫の切除範囲に関する一考察、Skin Cancer、1 15-19 1986

104. 大久保正智、梅田敏彦、塩塚正純、井内和博、百束比古、他3名:熱傷耳介への植皮法、手術、39 329-333 1985

105. 百束比古、白井洋司、梅田敏彦、文入正敏:正方弁法(仮称)によるえきか部瘢痕拘縮の形成、形成外科、28 548-554 1985

106. 百束比古、梅田敏彦、塩塚正純、井内和博、石井和博、他1名:浅側頭動静脈を利用したsecondary axial pattern flapによる再建、形成外科、27 552-558 1984

107. 百束比古:マンモグラフィーによる乳房埋入異物の識別に関する研究(学位論文)、日形会誌、4 886-898 1984

108. 井内和博、大久保正智、百束比古、石井和博、文入正敏:遊離植皮術におけるskin stapler の応用、手術、36 1339-1342 1982

109. 文入正敏、石井和博、百束比古、白井洋司、末延自顕、他2名:瘢痕皮弁―とくにmusculocutaneous systemを含む皮弁について―、形成外科、24 470-475 1981

 

© 2020 Hiko Hyakusoku

Operation outline
ポエム
北岡冬木全詩集

診療対応施設

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean